「千葉でバロック!」カテゴリーアーカイブ

ご来聴いただき、ありがとうございました!


第20回記念定期公演は無事に終了いたしました。
連日の厳しい暑さに加え、新型コロナ第7波の感染急拡大真っ只中の開催となりましたが、それでも予定通りお運びくださり、熱心に聴いてくださったお客様に、心より感謝申し上げます。
また、感染対策の一環で客席数を制限したため、心ならずもおことわりしなくてはならたかった方には深くお詫び申し上げます。一人でも多くの方にぜひ聴いていただきたかったのに残念でなりません。

さて、今回は記念回として豪華な演奏陣を迎え、すばらしい器楽演奏の響きに乗って合唱団も負けじと心ゆくまで歌うことができました。
大作のオラトリオから福島先生の周到な選択による見事な構成がなされ、それぞれの曲の練習期間も長かっただけに、音楽がより体に沁み込んでいた感があります。
1曲ずつは緩急や調性が変化に富み、物語に沿って合唱や重唱、ソロと演奏形態も変わるので、初めてのお客様にもお楽しみいただけたのではないでしょうか。
終演後、感動的だった、会場の響きと曲がよく合っていた、少人数と思えない重量感があった、これまでで最高によかった、等の好評をいただいています。

さて次回の演奏会は、2023年3月19日に、ヴィヴァルディのグローリア、ドゥランテのマニフィカトなどのプログラムを予定しています。
これは千葉市音楽協会主催の「春の訪れ」コンサートに、出演協力するという形で行うものです。
私たちと一緒に歌う合同合唱団のメンバーを公募しています。奮ってご応募ください。
詳しくはこちらを https://www.onkyo-chiba.com/

千葉バッハ合唱団 第20回定期公演事務局
chibabachchoir.2001@gmail.com

公演チケット販売終了のお知らせ


千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演のチケットにつきましては、発行予定枚数に達しましたので販売終了とさせていただきます。
また、当日券の販売もございません。まことに申し訳なく存じますが、なにとぞご了承ください。

千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演のご案内


千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演

2022chirashiomote2022chirashiura

日程:2022年 7月31日(日) 午後2時開演 (午後1時半開場)

会場:千葉市美術館 さや堂ホール

入場料:2000円

演目:G.F.ヘンデル – Georg Friedrich Händel (1685-1759)作曲
オラトリオ「テオドーラ」Theodora (HVW 68) より抜粋

指揮:福島康晴   オルガン:平山亜古

古楽アンサンブル
ヴァイオリン1:廣海史帆 佐々木梨花
ヴァイオリン2:池田梨枝子 遠藤結子
ヴィオラ:伴野 剛
チェロ :懸田貴嗣
コントラバス:布施砂丘彦
オーボエ:小野智子 倉成 麦
テオルボ:佐藤亜紀子

お問合せ、ご予約はメールでお願いいたします:chibabachchoir.2001@gmail.com

千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演


千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演 

日程:2022年 7月 予定

会場:千葉市美術館 さや堂ホール

指揮:福島康晴

演目:G.F.ヘンデル – Georg Friedrich Händel (1685-1759)作曲

   オラトリオ「テオドーラ」Theodora (HVW 68) より抜粋

   小編成の古楽器アンサンブル付

詳細は決まり次第、追ってご案内いたします

千葉バッハ合唱団 第19回定期公演のご案内(再)


2021年6月27日(日)
開演14:30 (開場14:00)
千葉市美術館 一階 さや堂ホール
入場無料(要予約・限定70名)

指揮 福島康晴
オルガン 平山亜古

曲目
♪ J. S. バッハ/ヨハネ受難曲より コラール5曲
♪ M. ハイドン/聖週間のレスポンソリウムより「聖土曜日に」全9曲
♪ ブクステフーデ/主は我と共にありせば

後援:千葉市音楽協会

PDFちらしはこちらをクリック(1.27 MB)

ご予約、お問い合わせは以下メールアドレスまで
千葉バッハ合唱団 第19回定期公演事務局
19thconcert.chibabach@gmail.com

第18回定期公演 ご来場ありがとうございました


昨年はそぼ降る雪の中で

今年は好天に恵まれ181人のお客様にお越しいただきました。

団員一同、感謝申し上げます。

新ホールはイマドキの大人事情により一筋縄に行かないこともありましたが

イベントの休止がちらほら聞こえてくる世相の中で無事に開催することが出来、

なによりほっとしております。

今後とも千葉バッハ合唱団を、よろしくお願いします。

千葉バッハ合唱団公演 習志野市民ホール
2020年2月12日 習志野市民ホール

第18回定期公演 当日券発売します


千葉バッハ合唱団 第18回定期公演
「シャルパンティエ・死者のための4声のミサ曲」
~2020年は千葉バッハにおけるフランス年!~

2020年2月11日(火・祝)
開場13:30 開演14:00
習志野市民ホール(ぷらっつ習志野内・京成本線大久保駅徒歩1分)
最寄り駅からの地図・駐車場地図

当日券を発売いたします。また全席自由席となります。

開演時間の14時より、指揮・福島康晴によるオープニングトークがございます。演奏が始まりますと、曲の構成とホールの構造により開演中の入場について制限させて頂く場合があります。

出来るだけ配慮をするように致しますが、極力開演前のお越しをお願いいたします。

習志野市民ホール客席

ホール打ち合わせ時に撮影した、習志野市民ホール上手側出入りより客席を望む。新築の香りがする客席。木造を強調した意匠に赤い椅子が良く映えます。

本番当日2/11(火・祝)お天気予報は晴れ、降水確率0%で冬らしいお天気です。

みなさまのお越しを団員一同、心よりお待ち申し上げております。

第18回定期公演のご案内


千葉バッハ合唱団第18回公演チラシ

千葉バッハという名前は、創設・主宰者の故 伊藤博先生に2007年に名づけて頂いたのですが、次回公演は初めて 大バッハ先生にお留守番していただくことになりました。

千葉バッハ 2019-2020シーズンは フランス尽くし!
~2020年は千葉バッハにおけるフランス年~
現2代目主宰・福島康晴先生選曲によるバロックから近現代までフランスを代表する作曲家、5人の曲を演奏いたします。
不均等をあらわすイネガルや、ラテン語のフランス発音など、
福島先生の得意とする時代考証に基づき、現代において私たちが演奏するにふさわしいスタイルで、千葉バッハが歌うフランス合唱曲の愉しみをお届けしたいと思います。

会場は2019年11月に柿落としされたばかりの、京成本線・大久保駅徒歩1分の習志野市民ホールにて。
新築ホールの響きにもどうぞご期待ください

千葉バッハ合唱団
第18回定期公演
「シャルパンティエ・死者のための4声のミサ曲」
~2020年は
千葉バッハにおける
フランス年!~

指揮 福島康晴
オルガン 平山亜古

2020年2月11日(火・祝)
開場13:30 開演14:00
習志野市民ホール(ぷらっつ習志野内・京成本線大久保駅徒歩1分)

習志野市民ホールについて(施設詳細)
住所・電話番号
最寄り駅からの地図・駐車場地図
駐車場の料金について

入場料:1,000円(全席自由)

主催:ならしの・バロック音楽協会
後援:千葉県合唱連盟・千葉市・千葉市音楽協会

ご予約・お問合せ
chorojuk@hotmail.com