「about us」カテゴリーアーカイブ

ご来聴いただき、ありがとうございました!


第20回記念定期公演は無事に終了いたしました。
連日の厳しい暑さに加え、新型コロナ第7波の感染急拡大真っ只中の開催となりましたが、それでも予定通りお運びくださり、熱心に聴いてくださったお客様に、心より感謝申し上げます。
また、感染対策の一環で客席数を制限したため、心ならずもおことわりしなくてはならたかった方には深くお詫び申し上げます。一人でも多くの方にぜひ聴いていただきたかったのに残念でなりません。

さて、今回は記念回として豪華な演奏陣を迎え、すばらしい器楽演奏の響きに乗って合唱団も負けじと心ゆくまで歌うことができました。
大作のオラトリオから福島先生の周到な選択による見事な構成がなされ、それぞれの曲の練習期間も長かっただけに、音楽がより体に沁み込んでいた感があります。
1曲ずつは緩急や調性が変化に富み、物語に沿って合唱や重唱、ソロと演奏形態も変わるので、初めてのお客様にもお楽しみいただけたのではないでしょうか。
終演後、感動的だった、会場の響きと曲がよく合っていた、少人数と思えない重量感があった、これまでで最高によかった、等の好評をいただいています。

さて次回の演奏会は、2023年3月19日に、ヴィヴァルディのグローリア、ドゥランテのマニフィカトなどのプログラムを予定しています。
これは千葉市音楽協会主催の「春の訪れ」コンサートに、出演協力するという形で行うものです。
私たちと一緒に歌う合同合唱団のメンバーを公募しています。奮ってご応募ください。
詳しくはこちらを https://www.onkyo-chiba.com/

千葉バッハ合唱団 第20回定期公演事務局
chibabachchoir.2001@gmail.com

公演チケット販売終了のお知らせ


千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演のチケットにつきましては、発行予定枚数に達しましたので販売終了とさせていただきます。
また、当日券の販売もございません。まことに申し訳なく存じますが、なにとぞご了承ください。

千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演のご案内


千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演

2022chirashiomote2022chirashiura

日程:2022年 7月31日(日) 午後2時開演 (午後1時半開場)

会場:千葉市美術館 さや堂ホール

入場料:2000円

演目:G.F.ヘンデル – Georg Friedrich Händel (1685-1759)作曲
オラトリオ「テオドーラ」Theodora (HVW 68) より抜粋

指揮:福島康晴   オルガン:平山亜古

古楽アンサンブル
ヴァイオリン1:廣海史帆 佐々木梨花
ヴァイオリン2:池田梨枝子 遠藤結子
ヴィオラ:伴野 剛
チェロ :懸田貴嗣
コントラバス:布施砂丘彦
オーボエ:小野智子 倉成 麦
テオルボ:佐藤亜紀子

お問合せ、ご予約はメールでお願いいたします:chibabachchoir.2001@gmail.com

さや堂ホール

♪公開練習のお知らせ♫


千葉バッハ合唱団では、10月31日にさや堂で行う練習を公開します。

私たちの合唱団に興味をもってくださった方、歌ってみたいけどどんな練習してるのか知りたい方、また、普段の練習風景をただ覗いてみたいという方も、ぜひこの機会においでください。

日時:10月31日(日) 午後2時~4時半(換気休憩あり/入退室自由)

会場:千葉市美術館 さや堂ホール

曲目:ヘンデル/オラトリオ「テオドーラ」より 合唱曲

◎予約は必要ありませんが、見学予定の方は感染対策のためにもお名前と連絡先を下記へお知らせいただけると幸いです。
◎当日は入口で検温と手指の消毒をお願いします。会話はなるべくお控えください。

この日に都合が合わない方も、練習の見学はいつでも受付けています。
お気軽にご連絡ください。

お問合せ:19thconcert.chibabach@gmail.com

千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演


千葉バッハ合唱団 第20回記念 定期公演 

日程:2022年 7月 予定

会場:千葉市美術館 さや堂ホール

指揮:福島康晴

演目:G.F.ヘンデル – Georg Friedrich Händel (1685-1759)作曲

   オラトリオ「テオドーラ」Theodora (HVW 68) より抜粋

   小編成の古楽器アンサンブル付

詳細は決まり次第、追ってご案内いたします

ご来聴ありがとうございました


 新型コロナの感染リバウンドが心配され、また天気予報では大雨が予想される中でしたが、第19回定期公演を無事に開催することができました。お客様はかなり少ないものと覚悟していましたが、意外にも用意した70席がほぼ埋まる数の方々がみえて熱心にお聴きいただき、心より感謝申し上げます。

 前回の公演の後に緊急事態となって通常練習を行えない期間が続き、漸く再開して後も未だに参加できない団員もいます。演奏会規模を縮小して曲目を変更し、開催期日を急遽延期したりと、練習が十分とはいえない状況で迎えた今回ですが、出演者一同心をひとつにして集中して臨み、今回コロナのために外出を控えられた方にも聞いていただきたかったなと思う演奏ができたのでは、と感じています。

 また、千葉市美術館の改修工事後も、さや堂ホールの利用が可能になり、独特の響きに包まれて再び歌うことができる喜びを、感謝の気持ちと共にかみしめています。第17回の折のアンケートで存続を訴えてくださったみなさまの声が届いたものでしょう。

 感染防止のために、終演後にお客様との面会もままならず、失礼いたしました。

 接触を避けるため紙のアンケートも実施しませんでしたが、ご感想やご意見を下記までお寄せいただければ幸いです。

 千葉バッハ合唱団 第19回定期公演事務局

 19thconcert.chibabach@gmail.com

次回は第20回記念となり、弦楽器も加わってより聴き応えのある演奏をお楽しみいただけると存じます。

詳細が決まり次第、HPにてご案内いたします。

事務局長代行

千葉バッハ合唱団 第19回定期公演のご案内(再)


2021年6月27日(日)
開演14:30 (開場14:00)
千葉市美術館 一階 さや堂ホール
入場無料(要予約・限定70名)

指揮 福島康晴
オルガン 平山亜古

曲目
♪ J. S. バッハ/ヨハネ受難曲より コラール5曲
♪ M. ハイドン/聖週間のレスポンソリウムより「聖土曜日に」全9曲
♪ ブクステフーデ/主は我と共にありせば

後援:千葉市音楽協会

PDFちらしはこちらをクリック(1.27 MB)

ご予約、お問い合わせは以下メールアドレスまで
千葉バッハ合唱団 第19回定期公演事務局
19thconcert.chibabach@gmail.com

コロナ禍における合唱活動


合唱練習・コンサートを実施するにあたり、必要なガイドラインを集めてみました。

引用元を明確にするために、情報の上流順に記載しています。
下に行くにしたがってより詳細な内容です。
実際に読むのは※以下をおすすめします。

内閣官房
新型コロナウイルス感染症対策
https://corona.go.jp/news/
↑ここに最新情報

令和2年10月9日
業種ごとの感染拡大予防ガイドラインを更新しました。
https://corona.go.jp/prevention/pdf/guideline.pdf?20201009

文部科学省 業種別ガイドライン
https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/mext_00028.html
↑ここに最新情報

合唱活動
合唱活動における新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドライン(※一般社団法人全日本合唱連盟webサイトへリンク)
https://jcanet.or.jp/index.html
↑ここに最新情報

合唱活動における新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドライン( 1.1 版 2020 年 9 月 8 日 更新)
https://jcanet.or.jp/JCAchorusguideline-ver1_1.pdf

※「合唱活動~中略~ガイドライン」より抜粋

2.感染拡大防止の基本的な考え方
(2)業種別のガイドライン
前項のように位置付けられた業種別のガイドラインのうち、合唱活動に関わる主なものは以下のとおりです。

ア)音楽公演関係では、
一般社団法人コンサートプロモーターズ協会・一般社団法人日本音楽事業者協会・一般社団法人日本音楽制作者連盟
令和 2 年 5 月 25 日策定
「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染拡大予防対策ガイドライン(無観客公演関係)」
クラシック音楽公演運営推進協議会
令和 2 年 6 月 11 日策定
「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

(2)演奏会等の公演
ア)演奏会等を実施する場合には、地方公共団体のロードマップ等の方針を確認のうえ、本ガイドライン 2-(2) -アで言及した「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(令和 2 年 6 月 11 日)」などのガイドラインに基づき、公演主催者として具体的な対策を講じてください。

イ)ただし、「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」で、合唱については、「適切な感染予防対策の在り方を関係者にて引き続き協議を行うこととし、開催については時宜を得た判断を要するものとする。」と記載されていることを理解し、感染拡大防止の観点から開催可否や開催方法を判断し対策を講じてください。

ウ)開催する場合は、施設側と十分協議し認識を共有のうえ開催することとし、施設利用や開催時の注意点や遵守事項を、出演者やスタッフ等の関係者に周知徹底してください。

○演奏会開催時の具体的な対策については、以下のガイドラインにあります。

劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン改定版
令和2年9月18日
公益社団法人全国公立文化施設協会
https://www.zenkoubun.jp/covid_19/files/0918covid_19.pdf

舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン
令和 2 年9月 18 日
緊急事態舞台芸術ネットワーク
http://jpasn.net/stage_guideline0918d.pdf

○なお、イベントの収容率要件及び人数上限の、合唱の位置づけは以下の通りです。

大声での歓声・声援等がないことを前提としうるものの例
クラシック音楽(交響曲、管弦楽曲、協奏曲、室内楽曲、器楽曲、声楽曲 等)、歌劇、楽劇、合唱、ジャズ、吹奏楽、民族音楽、歌謡曲等のコンサート

大声での歓声・声援等がないイベントは、当面11月末まで収容率は100%以内(席がない場合は適切な間隔)

イベントの開催制限等について
千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部
令和2年9月19日から適用
https://www.pref.chiba.lg.jp/kenfuku/kansenshou/ncov/documents/kaisaiseigen.pdf
より抜粋

ただ、こうしたガイドラインを窮屈と考えて、一部の舞台表現の現場が奔放なことを始めてしまうと、舞台表現の世界が社会から孤立してしまいます。支援どころか理解も得られなくなります。
実際に、集団感染が発生した事例もあります。
この状況は、永遠には続きません。一時的なものです。だから、このガイドラインは、「表現の自由」を縛るためにあるのではなくて、今の状況では、「表現の自由」を守るためにあると私たちは考えます。
(舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインより)

○ガイドラインは更新されるので、↑ここに最新情報 のリンクにて最新情報を確認してください。