ご来聴いただき、ありがとうございました!


第20回記念定期公演は無事に終了いたしました。
連日の厳しい暑さに加え、新型コロナ第7波の感染急拡大真っ只中の開催となりましたが、それでも予定通りお運びくださり、熱心に聴いてくださったお客様に、心より感謝申し上げます。
また、感染対策の一環で客席数を制限したため、心ならずもおことわりしなくてはならたかった方には深くお詫び申し上げます。一人でも多くの方にぜひ聴いていただきたかったのに残念でなりません。

さて、今回は記念回として豪華な演奏陣を迎え、すばらしい器楽演奏の響きに乗って合唱団も負けじと心ゆくまで歌うことができました。
大作のオラトリオから福島先生の周到な選択による見事な構成がなされ、それぞれの曲の練習期間も長かっただけに、音楽がより体に沁み込んでいた感があります。
1曲ずつは緩急や調性が変化に富み、物語に沿って合唱や重唱、ソロと演奏形態も変わるので、初めてのお客様にもお楽しみいただけたのではないでしょうか。
終演後、感動的だった、会場の響きと曲がよく合っていた、少人数と思えない重量感があった、これまでで最高によかった、等の好評をいただいています。

さて次回の演奏会は、2023年3月19日に、ヴィヴァルディのグローリア、ドゥランテのマニフィカトなどのプログラムを予定しています。
これは千葉市音楽協会主催の「春の訪れ」コンサートに、出演協力するという形で行うものです。
私たちと一緒に歌う合同合唱団のメンバーを公募しています。奮ってご応募ください。
詳しくはこちらを https://www.onkyo-chiba.com/

千葉バッハ合唱団 第20回定期公演事務局
chibabachchoir.2001@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください