カテゴリー別アーカイブ: コンサート

エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会 vol.5


福島先生のエクス・ノーヴォ、次回は来週、いよいよカリッシミです

イタリアの
バロックを
室内合唱で
年2回の定期公演
楽団員は全員プロ契約
というエクス・ノーヴォも結成から3年目となり、じわじわと周知され
リピーターも増えてきたようです

来年2017年のさるお方のアニバーサリーイヤーを迎えるにあたり、ますます目が離せません!

エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会 vol.5
『ジャコモ・カリッシミの世界』

ジャコモ・カリッシミ(1605-1674)

エクス・ノーヴォvol_5表エクス・ノーヴォvol_5裏

2016年5月29日(日)
14時開演(13時30分開場)

JTアートホール アフィニス
※13:45よりプレトーク

前売:一般¥4,000 学生¥2,000(要予約・事務局のみ取り扱い)

当日:一般のみ¥4,500

詳細は公式サイト
エクス・ノーヴォ室内合唱団公式サイト
またはプレイガイドまで
チケットぴあ
チケットぴあ〔Pコード:294-43〕


第15回記念公演 演目


次回定期公演は15回目となり、これを記念する公演として次の曲を選択しました。

J.S.バッハ作曲
Kantate4 “Christ lag in Todes Banden” BWV4
Kantate12 “Weinen,Klagen,Sorgen,Zagen” BWV12

2017年1月下旬~2月上旬の開催となります。開催日程は会場の都合により8月に決定します。

また、新入団員も募集中です。詳しくは団員募集のページをご覧ください。


第14回公演 無事終了しました


20160213
第14回公演は昨日2/13に、196名のお客様をお迎えし、無事終了しました。
ご来場頂いたお客様、本当にありがとうございました。
今日のお外は嵐が吹きまくっていて、とかくお天気に翻弄されがちな我々なので、
昨日でよかったなと胸をなでおろしています。

さて、次回は15回との節目に当たり、記念公演を予定しています。
曲が決まりましたらこちらで告知します。

今後とも千葉バッハ合唱団を、よろしくお願い申し上げます。


第14回公演 当日券出ます


毎回恒例となりました、明日の公演会場付近の天気予報です。^^;

千葉県北西部地方の明日のお天気は おおむね曇り
開演時間の15時頃の気温は 16℃
湿度は のどにありがたい 78%
南西の風 7m との予想です。

コートは要らないかもしれません。
風が強いですね 春一番となるのでしょうか。

最近の株価のように天気、気温とも乱高下で、ここまでお天気がくるくる変わると
体調にも響きます。
体のリズムを壊さないよう、またお気をつけて 明日はお越しください。

お客様の入りの状況によっては、開場時間を繰り上げるおそれがあります。
どうかお早目のお越しをお願い申し上げます。

団員一同、心よりお待ち申し上げております。


2016年2月13日(土)第14回定期公演


20160213_chibabach_hannshitaomote20160213_chibabach_hanshitaura

千葉バッハ合唱団 第14回定期公演

「来たれ イエスよ 来たれ」

指揮 福島康晴
オルガン 平山亜古

2016年2月13日(土)
開場 14:30
開演 15:00

千葉市美術館さや堂ホール

全席自由 1,000円

J. S. バッハ Johann Sebastian Bach (1685-1750)
モテット第5番 Komm, Jesu, komm BWV229 《来たれ、イエスよ、来たれ》

A. スカルラッティ Alessandro Scarlatti (1660-1725)
Responsoria 《レスポンソリウム》 より  第1~3曲

H. シュッツ Heinrich Schütz (1585-1672)
Geistliche Chormusik 《宗教的合唱曲集》 より
10, Die mit tränen säen SWV378 SWV 378 《涙をもって種蒔く者は》
11, So fahr ich hin zu Jesu Christ SWV 379 《今わたしはイエス・キリストの許へ》
12, Also hat Gott die Welt geliebt SWV 380 《それほどに神は世を愛した》

ジョバンニ・ガブリエリ Giovanni Gabrieli (1554-1612)
Beata es, virgo Maria 《あなたは祝福されました、聖母マリアよ》

アンドレア・ガブリエリ Andrea Gabrieli (c1532-1585)
Sancta Maria, succurre miseris 《聖なるマリアは不幸な人々を助け》

C. モンテヴェルディ Claudio Monteverdi (1567-1643) .
Nisi Dominus aedificaverit (1640) 《神が家を建てるのでなければ》

後援 千葉市 千葉県合唱連盟 千葉市音楽協会

ご予約、お問い合わせは

chorojuk@hotmail.com

 


2015年11月8日(日)第62回千葉市民音楽祭に出演します


今回で2回目の参加となります、千葉市民音楽祭に出演します。

●とき: 平成27年11月8日(日)
●ところ: 京葉銀行文化プラザ音楽ホール
●主催: 千葉市音楽協会
●入場無料
詳細は千葉市音楽協会のHPをご覧ください
http://chibashi-onkyo.com/index.html

私どもは13時開演の第2部に登場します。

京葉銀行文化プラザ音楽ホールは、2002年2月に旗揚げ公演を行ったホールでもあります。
その頃は「ぱるるホール」という名称でした。

あれから13年強、そのステージにのってまだ在籍しているのは、

・・・

・・・

オレと福島さんと安藤さん。^^;


2015年10月11日 放送大学幕張祭に出演します


放送大学 千葉学習センターにて行われる第7回秋祭り「幕張祭」に出演します

2015年10月11日(日)13:00~
放送大学 千葉学習センター 二階大講義室
〒261-8586
千葉県千葉市美浜区若葉2-11

放送大学千葉同窓会のサイト http://chiba.ouj-dosokai.net/

学生以外の一般の方でも入場できますので、お近くの方は是非お越しください。

2015放送大学幕張祭ポスター


モンテヴェルディ倶楽部 第16回演奏会


兄弟子たちによるアンサンブルグループ、モンテヴェルディ倶楽部の第16回演奏会が8/2に行われます。

2015monteverdi

 《イタリア初期バロックの楽しみ》

Claudio  Monteverdi
Dei madrigali dal terzo libro& Settimo libro
Tu dormi, ah crudo core! …etc
モンテヴェルディ マドリガル集 第3巻 第7巻 から
「眠っているの、ああむごき心」ほか

J. Peri
Caro e soave legno

V. Galilei
Nel bel giardin d’amor

B. Strozzi
Godere, e tacere

Soprano
安藤操、糸川絵美
Alto
熊谷直之
Tenore
中村康紀
Basso
長島茂
Tiorba
佐藤亜紀子

2015年8月2日(日)開場13:30 開演14:00

千葉市美術館 さや堂ホール

入場料:2,000円(全席自由)

1994年に発足したモンテヴェルディ倶楽部は、その名の通りモンテヴェルディの作品、中でもマドリガーレをその主軸としてアンサンブルを作り上げてきました。
今回の演奏会は、その主軸とするモンテヴェルディのマドリガーレを中心に、その同時代、前後の時代の作品を無伴奏5声はもちろん、2声、3声など多彩な編成で演奏致します。
通奏低音にはリュート奏者の佐藤亜紀子さんをお迎えしました。豊かなさや堂の響きの中、400年前の音楽の響きを、どうぞお楽しみ下さい。

お問合せ:043-295-4580(長島)monteverdiclub@gmail.com


ヴェスプロはモンテヴェルディだけではありません!!!


エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会 vol.3
福島康晴の手により蘇演された、グランチーニのヴェスプロ、日本初演!

ミラノ大聖堂の作曲家、ミケランジェロ・グランチーニ (1605-1669) の
ヴェスプロ(晩課)

Vespro di Michel’Angelo Grancini da «Novelli Fiori Ecclesiastici» (1643)
〜《新しい教会の花々》 (1643) より

2015年5月29日(金)開演 19時〜 
台東区生涯学習センター 2F ミレニアムホール
台東区西浅草3丁目25番16号

(18時45分よりグランチーニについての解説があります)

ソプラノ:阿部早希子*、田中詩乃、森川郁子

アルト:田中栄吉、かのうよしこ、村松稔之*

テノール:鏡貴之*、鈴木秀和、根岸一郎

バス:阿部大輔、井手守、三浦英治*  
(*=ソリスト)

オルガン:桒形亜樹子、ハープ:矢野薫、チェロ:懸田貴嗣

指揮:福島康晴

チケット:前売り 一般 4,000円、 学生 2,000円  当日 4,500円

予約&お問い合せ: info@exnovochamberchoir.com

その他チケット取り扱い:
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

東京古典楽器センター 03-3952-5515

イープラス

後援:日本イタリア古楽協会

exnovo3_omoteexnovo3_ura

教会付属古文書館に保存されていた膨大な古文書の中から、求める楽譜を探し出し、現代譜に書き起こす
文言にしたらたったこれだけのことに、どれほどの労力がかかったのだろう。
ある意味として福島康晴の真骨頂といえる本公演、どうぞご期待ください。


ご来場ありがとうございました


Halleluja!
昨年の公演は、関東地方に見舞われた大雪のさらに1週間後の積雪により、雪が降り積もる中での開催となりました。
http://chibabachchoir.com/?p=191

今回は好天に恵まれ、183名のお客様をお迎えすることが出来ました。
余寒の折にお越しくださった皆様、誠にありがとうございました。

2/22からは、バッハのKomm, Jesu, komm BWV229 とともに次の公演へ動き出します。

ご支援頂いている皆様に深く感謝申し上げるとともに、今後とも千葉バッハ合唱団をよろしくお願い申し上げます。