カテゴリー別アーカイブ: about us

モンテヴェルディ倶楽部 第18回演奏会


7/17の海の日に、モンテヴェルディ俱楽部の公演がさや堂ホールで行われます。

モンテヴェルディ俱楽部は、千葉バッハにとって同門の兄弟子にあたります。
故、伊藤博先生が千葉バッハの前身の合唱団を作る数年前に作られ、福島先生も加入されました。
作曲科出身の福島さんがモンテヴェルディ俱楽部に加入したことが、その後の彼の人生を大きく揺り動かすことになり、
テノール歌手、指揮者としての現在の活動に至ります。
かく言う私も、その後2001年に伊藤先生が立ち上げた前身の合唱団=合唱塾に参加したことで、その後の人生を大きく揺り動かされることになったのですが・・・

【モンテヴェルディの『セスティーナ』!!】

今回のモンテヴェルディ倶楽部の演奏会では、生誕450周年ということで、モンテヴェルディのマドリガーレ、特に第6巻に納められた、『アリアンナの嘆き』と並ぶ大作『セスティーナ:愛する女の墓に流す恋人の涙』を中心としたプログラムをお届けします。

【東京公演】
2017年7月9日(日) 13:30開場 14:00開演
かおりホール(世田谷区若林5-14-6 東急世田谷線若林駅徒歩約4分)
全席自由:2,000円

【千葉公演】
2017年7月17日(月・祝) 13:30開場 14:00開演
千葉市美術館 さや堂ホール(京成千葉駅 or JR千葉駅 徒歩約10分)
全席自由:2,000円

J. アルカデルト:白く優雅な白鳥
P. ネンナ:愛の毒
S. ディンディア:フィッリは天を見上げながら
C. モンテヴェルディ:夜は未だ明けていなかった
ニンファの嘆き
愛する女の墓に流す恋人の涙

Soprano 安藤操、糸川絵美
Alto 熊谷直之
Tenore 中村康紀
Basso 長島茂
Tiorba 佐藤亜紀子
Viola da Gamba 清水愛架

【お問い合わせ】
facebookのイベントページ
facebookでのコメント、メッセージ
monteverdiclub@gmail.com

本年2017年はモンテヴェルディ生誕450年のアニバーサリーイヤーにあたり、各地で様々な公演が繰り広げられますが、
モンテヴェルディ俱楽部の本公演と、
福島先生率いるエクス・ノーヴォ室内合唱団のヴェスプロから目が離せません!
エクス・ノーヴォ室内合唱団 演奏会情報
乞うご期待下さい!


ご来場感謝!



昨日2/5は冷たい雨がそぼ降る中、200人のお客様にお越し頂きました。
ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

予想通り、
かつてない体験であって、
予想以上に、
かつてない体験でした。

終演の挨拶で指揮者が申し上げた通り、脈々と続けていくことが最大の目標であり、目的です。

今後とも千葉バッハ合唱団を、よろしくお願いします。


GP終了 あした、当日券発売します


今日はGP,無事に終わりました。
私たちのバロックオケは、ほんとうに素晴らしい!

共に演奏できる喜びをかみしめて、本番に臨みたいと思います。

ホームグランドのさや堂ホールを、ご覧のようにシューボックススタイルにしてみました。

創立以来からさや堂ホールを使い続けてきた私たちにとって、初の試みです。

そのままでは客席からは、平土間ゆえに鑑賞しずらいので策を講じました。

詳しくは、明日をお楽しみに・・・
当日券の販売もございます。

皆様のお越しを、団員一同心よりお待ち申し上げております。

事務局長


第15回記念公演!


2017年、あけましておめでとうございます。
2001年7月に産声を上げ、
2002年2月に第一回公演を行ってから15年目にしての、第15回記念公演のご案内です。

千葉バッハ合唱団 第15回記念公演
「キリストは死の縄目につながれたり」

2017年2月5日(日) 開場13:30 開演14:00

ヴィクトリア 8声のアヴェ・マリア

モンテヴェルディ 「聖母マリアの夕べの祈り」より

ゼレンカ 「聖週間のためのレスポンソリウム」より

J. S. バッハ
カンタータ第4番「キリストは死の縄目につながれたり」
カンタータ第12番「泣き、嘆き、憂い、おびえ」

福島康晴 指揮

オーボエ 小野智子
ヴァイオリン 廣海史帆、宮崎蓉子
ヴィオラ 伴野剛、天野寿彦
チェロ 懸田貴嗣
ヴィオローネ 角谷朋紀
オルガン 平山亜古
ピリオド楽器、ポジティフオルガン(小型パイプオルガン)使用

千葉市美術館 一階 さや堂ホール

全席自由 1,000円

ご予約、お問い合わせ chorojuk@hotmail.com

後援 千葉市、千葉県合唱連盟、千葉市音楽協会

バロックオケを招聘するのは2012年以来、名曲カンタータ第4番は2009年以来、
いずれも当時の指揮者は故・伊藤博先生でした。

さや堂ホールに響くバロックオケと合唱のマッチングを、お楽しみ頂けたら幸いです。
どうぞお越しください。


11月13日 (日) 千葉市民音楽祭に出演します


昭和29年から始まり、今回で63回目という伝統を誇る、千葉市民音楽祭。

私たちは今年で3回目の出演となります。
2016-11-13flyer
● 日時:2016年11月13日(日) 10:00~16:00

● 会場:千葉市民会館大ホール
JR千葉駅から徒歩7分

● 主催:千葉市音楽協会

● 協賛:JFE21世紀財団

● 後援:千葉市・千葉市教育委員会

※入場無料

63回という並大抵ではない、ここまでの継続に感謝です。

私たちは14時過ぎに登場します。

ぜひお越しください。


10/9(日)放送大学 幕張祭に出演します


昨年に引き続き、放送大学さんの文化祭に出演することとなりました。

放送大学 千葉学習センター
〒261-8586 千葉県千葉市美浜区若葉2-11
TEL: 043-298-4367
●JR総武線「幕張駅」・京成電鉄千葉線「京成幕張駅」下車、
海岸方向へ約1km(徒歩約15分)
●JR京葉線「海浜幕張駅」下車、
北東方向へ約1km(徒歩約15分)

ちらし置いときますんでご覧ください
放送大学2016幕張祭ちらし
ちらしの裏

幕張祭コンサート
10/9(日)13:00~ 千葉学習センター二階 大講義室
その他の出演団体さんは、
千葉大吹奏楽団、シニア童謡の会、浦安男声合唱団、放送大学千葉合唱サークル となっております。

お近くの方ぜひお越し頂ければと思います。他にも色々イベントをやっているようですよ!


モンテヴェルディ倶楽部 第17回演奏会


2016monteverdi

モンテヴェルディ倶楽部 第17回演奏会は、
「マントヴァからの風」
という素敵なタイトルがつけられました。

「ゴンザーガ家の治める国マントヴァは~ヨーロッパ中の文化芸術の中心の一つであり続け~隣国クレモナで生まれ育ったモンテヴェルディは、マントヴァで活躍することとなります。~長年主なレパートリーとしてきたモンテヴェルディが活躍したマントヴァという街に焦点を当て、その地で活躍した多くの作曲家の作品を集めました。当時の一流の音楽家たちによる美しい響きをご堪能ください。」
(チラシより一部抜粋)

安藤先生と、本番で度々ご尽力頂いている熊谷さんが出演します

2016年7月10日(日)13:30開場 14:00開演
世田谷区 かおりホール(若林ゆうクリニック地下)

〒154-0023 東京都世田谷区若林5丁目14-6 若林ゆうビルディング→地図はこちら
東急世田谷線 「若林駅」から徒歩4分 環七通り若林陸橋から徒歩7分
全席自由:2,000円

2016年7月17日(日)13:30開場 14:00開演
千葉市美術館 さや堂ホール

JR千葉駅東口より
■ 徒歩約15分
■ 千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車徒歩5分
■ 京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車徒歩2分
→バスをおすすめします
全席自由:2,000円

両公演のお問い合わせ先:monteverdiclub@gmail.com

どうぞご期待ください


エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会 vol.5


福島先生のエクス・ノーヴォ、次回は来週、いよいよカリッシミです

イタリアの
バロックを
室内合唱で
年2回の定期公演
楽団員は全員プロ契約
というエクス・ノーヴォも結成から3年目となり、じわじわと周知され
リピーターも増えてきたようです

来年2017年のさるお方のアニバーサリーイヤーを迎えるにあたり、ますます目が離せません!

エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会 vol.5
『ジャコモ・カリッシミの世界』

ジャコモ・カリッシミ(1605-1674)

エクス・ノーヴォvol_5表エクス・ノーヴォvol_5裏

2016年5月29日(日)
14時開演(13時30分開場)

JTアートホール アフィニス
※13:45よりプレトーク

前売:一般¥4,000 学生¥2,000(要予約・事務局のみ取り扱い)

当日:一般のみ¥4,500

詳細は公式サイト
エクス・ノーヴォ室内合唱団公式サイト
またはプレイガイドまで
チケットぴあ
チケットぴあ〔Pコード:294-43〕


第15回記念公演 演目


次回定期公演は15回目となり、これを記念する公演として次の曲を選択しました。

J.S.バッハ作曲
Kantate4 “Christ lag in Todes Banden” BWV4
Kantate12 “Weinen,Klagen,Sorgen,Zagen” BWV12

2017年1月下旬~2月上旬の開催となります。開催日程は会場の都合により8月に決定します。

また、新入団員も募集中です。詳しくは団員募集のページをご覧ください。