カテゴリー別アーカイブ: 指揮者

遂にこの時が


エクス・ノーヴォのヴェスプロ、まもなく開演!

時がやってきた
機が熟したわけではない
あくまで過程のひとつ

終演後のバックステージで歌手たちが騒ぐのは、恒例なこと
「毎度のことながら、なんてスリリングなステージだこと!」
「福島さんの理想、回を重ねるたびにだんだん分かってきた」

歌手であり作曲者であり、そして指揮者
歌手たちのコンディションに最大限の注意と敬意を払いながら
表現者としての理想は「初めから作り直す EX NOVO」

結成から3年、演奏家たちと疎通を積み重ねてきたエクス・ノーヴォのヴェスプロは
モンテヴェルディ生誕450周年に贈られる、彼らにとって過程でありながらも重要な焦点のひとつ

イタリア・バロックへの最大限の敬意が、ここに展開されます

ご期待ください


モンテヴェルディ倶楽部 第18回演奏会


7/17の海の日に、モンテヴェルディ俱楽部の公演がさや堂ホールで行われます。

モンテヴェルディ俱楽部は、千葉バッハにとって同門の兄弟子にあたります。
故、伊藤博先生が千葉バッハの前身の合唱団を作る数年前に作られ、福島先生も加入されました。
作曲科出身の福島さんがモンテヴェルディ俱楽部に加入したことが、その後の彼の人生を大きく揺り動かすことになり、
テノール歌手、指揮者としての現在の活動に至ります。
かく言う私も、その後2001年に伊藤先生が立ち上げた前身の合唱団=合唱塾に参加したことで、その後の人生を大きく揺り動かされることになったのですが・・・

【モンテヴェルディの『セスティーナ』!!】

今回のモンテヴェルディ倶楽部の演奏会では、生誕450周年ということで、モンテヴェルディのマドリガーレ、特に第6巻に納められた、『アリアンナの嘆き』と並ぶ大作『セスティーナ:愛する女の墓に流す恋人の涙』を中心としたプログラムをお届けします。

【東京公演】
2017年7月9日(日) 13:30開場 14:00開演
かおりホール(世田谷区若林5-14-6 東急世田谷線若林駅徒歩約4分)
全席自由:2,000円

【千葉公演】
2017年7月17日(月・祝) 13:30開場 14:00開演
千葉市美術館 さや堂ホール(京成千葉駅 or JR千葉駅 徒歩約10分)
全席自由:2,000円

J. アルカデルト:白く優雅な白鳥
P. ネンナ:愛の毒
S. ディンディア:フィッリは天を見上げながら
C. モンテヴェルディ:夜は未だ明けていなかった
ニンファの嘆き
愛する女の墓に流す恋人の涙

Soprano 安藤操、糸川絵美
Alto 熊谷直之
Tenore 中村康紀
Basso 長島茂
Tiorba 佐藤亜紀子
Viola da Gamba 清水愛架

【お問い合わせ】
facebookのイベントページ
facebookでのコメント、メッセージ
monteverdiclub@gmail.com

本年2017年はモンテヴェルディ生誕450年のアニバーサリーイヤーにあたり、各地で様々な公演が繰り広げられますが、
モンテヴェルディ俱楽部の本公演と、
福島先生率いるエクス・ノーヴォ室内合唱団のヴェスプロから目が離せません!
エクス・ノーヴォ室内合唱団 演奏会情報
乞うご期待下さい!


モンテヴェルディ倶楽部 第17回演奏会


2016monteverdi

モンテヴェルディ倶楽部 第17回演奏会は、
「マントヴァからの風」
という素敵なタイトルがつけられました。

「ゴンザーガ家の治める国マントヴァは~ヨーロッパ中の文化芸術の中心の一つであり続け~隣国クレモナで生まれ育ったモンテヴェルディは、マントヴァで活躍することとなります。~長年主なレパートリーとしてきたモンテヴェルディが活躍したマントヴァという街に焦点を当て、その地で活躍した多くの作曲家の作品を集めました。当時の一流の音楽家たちによる美しい響きをご堪能ください。」
(チラシより一部抜粋)

安藤先生と、本番で度々ご尽力頂いている熊谷さんが出演します

2016年7月10日(日)13:30開場 14:00開演
世田谷区 かおりホール(若林ゆうクリニック地下)

〒154-0023 東京都世田谷区若林5丁目14-6 若林ゆうビルディング→地図はこちら
東急世田谷線 「若林駅」から徒歩4分 環七通り若林陸橋から徒歩7分
全席自由:2,000円

2016年7月17日(日)13:30開場 14:00開演
千葉市美術館 さや堂ホール

JR千葉駅東口より
■ 徒歩約15分
■ 千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車徒歩5分
■ 京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車徒歩2分
→バスをおすすめします
全席自由:2,000円

両公演のお問い合わせ先:monteverdiclub@gmail.com

どうぞご期待ください


エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会 vol.5


福島先生のエクス・ノーヴォ、次回は来週、いよいよカリッシミです

イタリアの
バロックを
室内合唱で
年2回の定期公演
楽団員は全員プロ契約
というエクス・ノーヴォも結成から3年目となり、じわじわと周知され
リピーターも増えてきたようです

来年2017年のさるお方のアニバーサリーイヤーを迎えるにあたり、ますます目が離せません!

エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会 vol.5
『ジャコモ・カリッシミの世界』

ジャコモ・カリッシミ(1605-1674)

エクス・ノーヴォvol_5表エクス・ノーヴォvol_5裏

2016年5月29日(日)
14時開演(13時30分開場)

JTアートホール アフィニス
※13:45よりプレトーク

前売:一般¥4,000 学生¥2,000(要予約・事務局のみ取り扱い)

当日:一般のみ¥4,500

詳細は公式サイト
エクス・ノーヴォ室内合唱団公式サイト
またはプレイガイドまで
チケットぴあ
チケットぴあ〔Pコード:294-43〕


ヴェスプロはモンテヴェルディだけではありません!!!


エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会 vol.3
福島康晴の手により蘇演された、グランチーニのヴェスプロ、日本初演!

ミラノ大聖堂の作曲家、ミケランジェロ・グランチーニ (1605-1669) の
ヴェスプロ(晩課)

Vespro di Michel’Angelo Grancini da «Novelli Fiori Ecclesiastici» (1643)
〜《新しい教会の花々》 (1643) より

2015年5月29日(金)開演 19時〜 
台東区生涯学習センター 2F ミレニアムホール
台東区西浅草3丁目25番16号

(18時45分よりグランチーニについての解説があります)

ソプラノ:阿部早希子*、田中詩乃、森川郁子

アルト:田中栄吉、かのうよしこ、村松稔之*

テノール:鏡貴之*、鈴木秀和、根岸一郎

バス:阿部大輔、井手守、三浦英治*  
(*=ソリスト)

オルガン:桒形亜樹子、ハープ:矢野薫、チェロ:懸田貴嗣

指揮:福島康晴

チケット:前売り 一般 4,000円、 学生 2,000円  当日 4,500円

予約&お問い合せ: info@exnovochamberchoir.com

その他チケット取り扱い:
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

東京古典楽器センター 03-3952-5515

イープラス

後援:日本イタリア古楽協会

exnovo3_omoteexnovo3_ura

教会付属古文書館に保存されていた膨大な古文書の中から、求める楽譜を探し出し、現代譜に書き起こす
文言にしたらたったこれだけのことに、どれほどの労力がかかったのだろう。
ある意味として福島康晴の真骨頂といえる本公演、どうぞご期待ください。


福島康晴とモンテヴェルディ


いよいよ次の日曜日11月9日に、エクス・ノーヴォ室内合唱団の第2回公演が行われます。
会場は福島先生にとって凱旋ともいえる、千葉市美術館さや堂ホール。
古楽演奏に最適といわれるこのホールで、何を思い演奏するのか、福島先生に伺いました。

 

Q. 前回の公演では、ドゥランテにより華々しいお披露目公演となりました。
今回はモンテヴェルディです。
団のコンセプトを考えると必然とも思える作曲家ですが、
日本でもバロックのジャンルの中では演奏を耳にする機会が多い作曲家です。「初めから作り直す」意義についてお伺いします。

A. やはりモンテヴェルディは何と言ってもこのグループにとって一番重要な作曲家です。

私が勉強してきたイタリアの後期ルネッサンスからバロックも、常にモンテヴェルディを目印にしていました。

モンテヴェルディの音楽は雄弁であります。ですから、彼の音楽に接するたびに、新たな発見や感動が待っています。

イタリア・バロック音楽専門合唱団を標榜しているエクス・ノーヴォで演奏する場合は、通常「なんとなくみんなそうして演奏してる」ようなことを考え直す必要もあって、プロポルツィオーネやムジカ・フィクタ等の問題を「蓄積した知識」と「現場での経験」によって解決法を見いだすようにしています。

今回のオルガニストである桒形亜樹子さんも、卓越した演奏家であり、当時の音楽理論を深く研究している音楽家のひとりです。

色々な問題を桒形さんと話し合って決めたりしていて、知的にも音楽的にもエクス・ノーヴォの目指す精神に共鳴していて嬉しく思っています。

Q. 一回の公演で一人の作曲家のみを取り上げたとき、聴衆に飽きを生じさせるリスクもありますが、今回はその周辺の作曲家の曲も取り上げられますね。

A. 飽きると言えば、実際私たちが演奏するような典礼の中で演奏されていた音楽の場合、グローリアとクレドを続けて演奏されると私はいつも退屈してしまいます。

ですから、今回は緩やかに典礼の流れにリンクしてミサ曲の間には小さいな曲や、オルガン曲が挿入されます。

そして、前半はモンテヴェルディが生前関わっていた人たちの中から、他の作曲家の素晴らしい作品を入れてあります。

どれも「捨て曲」無しで美しいです。そして、モンテヴェルディのミサ曲は曲中に頻繁に登場する下降音型のテーマから

クリスマス(降誕)をイメージし、ミサ曲の間に入る作品もクリスマスに関するもの等も散りばめています。

 

Q. 前回公演からメンバーを絞った感がありますが。

A. 人数的には絞った感じはありますが、音楽が要求するものに合わせただけです。

実際イタリアの聖歌隊には、いわゆる「合唱」といえるほどの人数がいたわけではありません。

たいていの場合、当時の出版された宗教曲のパート譜はほとんど1冊ずつしか教会の古文書館には残っていませんので、例えば、モンテヴェルディのヴェスプロは各パート一人で歌っていたと主張する人もいるわけです。

ですから、今回の10人という編成が少ないと言うことはありません。丁度いい人数だと思っています。

Q. 会場の千葉市美術館さや堂ホールについて。

A. 今回、千葉で行うので千葉に住んでいる方々にも聴いて頂きたいのですが、是非、都内近郊の方もさや堂の響きを体験して頂きたいと思っています。

私はイタリアで歌っていたとき、コンサート会場の8割くらいは教会でした。

ですから、日本のコンサートホールで演奏するとき、時折、違和感を感じていました。

しかし、このさや堂ホールだけは教会の響きに近いので、満足させてくれます。

是非、さや堂ホールに足を運んで頂きたいと思っています。

Q. 福島さんとモンテヴェルディという組み合わせで思い出すのは、2003年にモンテヴェルディ倶楽部のオルフェオ公演を、ここさや堂ホールとルーテル東京教会で行いました。
「専門に研究対象であり、心技体もって臨んだ」(体を絞ったんですよね)
と、終演後に興奮しながら話されたことが今でも印象に残っていますが、
あれから11年たち、イタリア留学を6年体験した上での気持ちの変容はありますか。

A. それは、覚えていないですね(笑)。今回、体は絞っていないですが、モンテヴェルディを演奏する喜びは変わりません。

そしてモンテヴェルディを演奏することは神社やお寺に足を踏み入れるような、神聖な場所に入る感覚に近いかもしれませんね。

千葉バッハ合唱団で今練習している”Adoramus te”などは、まさにその様な感覚にさせられます。

ありがとうございました。ご盛会となりますように!


エクス・ノーヴォ室内合唱団 第2回公演


今年5月に旗揚げ公演を行った、福島先生率いるエクス・ノーヴォ室内合唱団の第2回公演が千葉市美術館一階さや堂ホールで行われます。

ex_novp_2ndomoteex_novo_2ndura

第1作法のモンテヴェルディ

〜処女作品集から遺作まで〜

《小聖歌集 Sacrae Cantiunclae 》 (1582)

《4声のミサ曲 Messa a 4 voci da capella》 (1650)

ソプラノ:阿部早希子 望月万里亜 森川郁子

アルト&テノール:及川豊 鏡貴之 鈴木秀和 新田壮人 前田ヒロミツ

バス:三浦英治 望月忠親

オルガン:桒形亜樹子

指揮者:福島 康晴 Fukushima Yasuharu

2014年11月9日(日)14:00開演

千葉市美術館・さや堂ホール(千葉市中央区中央3-10-8)

前売: 3,000円   当日 3,500円

チケット&お問い合せ: info@exnovochamberchoir.com

旗揚げ公演においてはデュラントで華々しく幕開けしたエクスノーヴォの、2回目の公演はバロックの殿堂、さや堂ホールでのALLモンテヴェルディプログラムです。

ご期待ください。


モンテヴェルディ倶楽部創立20周年記念演奏会  当日券出ます


明日2014年8月3日に、千葉市美術館さや堂ホールで行われるモンテヴェルディ倶楽部創立20周年記念演奏会、
当日券が出ます。

演目のひとつ、D.ブクステフーデの我らがイエスの四肢は、さや堂ホールではブクステフーデ没後300年であった
2007年に、渡辺 祐介氏率いるロゴス・アポカルプスィスが演奏を行っており、それ以来となります。

すばらしい名曲です。

全席自由席となっておりますので、早めのお越しにて、お待ち申し上げております。


モンテヴェルディ倶楽部創立20周年記念演奏会


モンテヴェルディ倶楽部は、合唱塾の主宰であった伊藤博先生が、「声の弦楽四重奏」を理想として立ち上げたアンサンブルです。
私たちにとっては兄弟子であり、モンテヴェルディ倶楽部のメンバーである福島康晴、安藤操が、伊藤先生の意思を引き継ぎ千葉バッハ合唱団の指揮を勤めています。

そのモンテヴェルディ倶楽部が、創立20周年記念演奏会を行います。

モンテヴェルディ倶楽部創立20周年記念演奏会 モンテヴェルディ倶楽部創立20周年記念演奏会

2014年8月3日(日) 13:30 開場 14:00 開演
千葉市美術館 さや堂ホール
入場料 2000円 (全席自由)

指揮:福島康晴
ソプラノ:安藤 操、糸川絵美
アルト:熊谷直之
テノール:中村康紀、福島康晴
バス:長島 茂

ヴァイオリン:杉田せつ子、廣海史帆
ヴィオラ・ダ・ガンバ:阿部まりこ、中山真一
チェロ:懸田貴嗣
オルガン:平山亜古
テオルボ:橋口淳一

D.ブクステフーデ:我らがイエスの四肢
Dieterich Buxtehude/Membra Jesu nostri
C.モンテヴェルディ:アリアンナの嘆き
私の奏でる音楽に踊れ ほか
Claudio Monteverdi/Lamento d’Arianna
/Muovete Al Mio Bel Suon ecc…

お問い合わせ
043-295-4580(長島)
monteverdiclub@gmail.com

私たちとモンテヴェルディ倶楽部は、常に共にありました。20周年を迎え、万感の思いを込めた渾身のコンサート・・・
ご期待ください。


1746年にローマで演奏された曲を、日本で蘇演する ことの意味と価値。


千葉バッハ合唱団指揮者 福島康晴
6年間のイタリア留学の後帰国し、自らが立ち上げたプロの音楽集団、エクス・ノーヴォ室内合唱団の最初のコンサートで取り上げるのは、日本では全くと言っていいほど知られていないイタリア後期バロックの作曲家、フランチェスコ・ドゥランテ Francesco Durante (1684-1755)であった。

その思いと背景を、福島先生に伺いました。

Q、記念すべき第一回の演奏会において、オール ドゥランテ プログラムとなっています。
日本ではあまり知られていないこのドゥランテという作曲家との出会うきっかけ、イタリアでの演奏履歴、今回取り上げる理由とその思いを聞かせてください。

A, 私はイタリアのパヴィーアという町にある、ギズリエーリ合唱団に所属していました。この合唱団は今やイタリアでも屈指の室内合唱団で、歌手やオーケストラのメンバーは皆高い技術を持っています。そこで、ドゥランテのマニーフィカトを歌ったことがあるのですが、初めてこの曲を歌ったときに、鮮烈な印象を受けました。非常に分かりやすい音楽と共に、歌っていて非常に心地よい気分にさせられたのです。それ以降何度もこの作品を歌いましたが作品の持つ魅力は消えませんでした。ドゥランテ自体は<Vergin, tutto Amor>の作曲者なので知ってはいましたが、彼の代表的な作品とは言えません。それにドゥランテは宗教音楽を多く作曲したので、もっと他の作品を知りたいと思ってリサーチしていたら、ミラノ音楽院に所蔵されているリタニアの筆写譜とナポリの図書館に所蔵されているレクイエムの筆写譜を見たときに、間違えなくこれは素晴らしい作品だと確信し、直ぐに楽譜を作成する決心をしました。リタニアは私の知る限り録音はありませんし、このレクイエムもyoutubeに或る録音がアップされているだけで、ほとんど知られていない作品です。この作品は1746年にローマで演奏されたという記録が残っていますが、既に62歳だったドゥランテの技法も円熟していて、無駄が無く、飽きさせることのない反復進行 (progressione) や、サンクトゥスで行われている2重カノンなど、内容も盛りだくさんです。楽しみ方として、モーツァルトのレクイエムと比較しながら聴いていくのも面白いと思います。

Q、団体名「初めから作り直す EX NOVO (ラテン語)」にふさわしいコンサートになることが期待されますが、オーディションを経て結成された合唱団の人選についてくわしくお聞かせください。

A, 勿論、これから有名なモンテヴェルディの作品も演奏したいのですが、私はオリジナルの楽譜を見て、これは絶対に素晴らしい作品だ!という直感が非常に働くので、世界復活初演のような機会も度々あるでしょう。合唱団のメンバーについては、幸運にも多くの方がオーディションに参加して下さいました。本当に多くの方が、このような歌う場を欲しているのだなと再確認させられました。人選は100パーセント私の趣向です。ですから、今回選ばれなかった人が必ずしも劣っているとは限りません。また合唱団のレパートリーとしては後期ルネッサンスからバロックなので、実際パレストリーナとヴィヴァルディで必要とされる声は異なることもあります。ですから、演目によってメンバーが替わることもあります。今回は、各パート4人の16人という編成です。レクイエムは8声なので、各パート2人です。

Q、オーケストラは福島さんが以前に主宰されていたアンサンブル・アウラや、モンテヴェルディ倶楽部でもおなじみの伊左治道生さんを始め、実力派ぞろいとなっています。
こちらの陣容についてもお聞かせください。

A, はい、伊左治道生さんと懸田貴嗣さんは同じ時期にミラノにいたので、気心しれた仲間という感じではありますが、それ以上に、イタリア・バロック音楽を本当に追求した人たちなので安心して任せられるの存在なのです。伊左治さんとはミラノにいたとき、その内一緒にコンサートをしようという「契り」を交わした仲だったので(笑)、今回呼ぶことが出来て本当に嬉しいです。その他のメンバーも、今の古楽界には欠かせない実力派の演奏家揃いですので、間違いなく、これも聴き所です。

Q、マイナーな作曲家を取り上げるときは楽譜の苦労がつきものですが、総譜、合唱譜、パート譜、出版されていないとしたらこれらの準備は相当な労力だったのではないでしょうか。

A, モンテヴェルディ作品などは、既に現代譜として出版されているものを私も利用して演奏しますが、必ず当時のオリジナル出版譜を見て確認します。楽譜を自分で作成した場合、オリジナルをしっかり自分で確認することも兼ねるので、利点も多いのです。ただ楽譜作成は非常に忍耐のいる仕事です。例えば今回のレクイエムの総譜は180ページを越えました。それに合唱譜、パート譜のレイアウトなど骨の折れる仕事です。しかし、完成したときの喜びも大きなものです。今後は、出版されていない作品であれば、どこかで出版してもらうようにお願いするつもりです。2月に発売されたCD「A.ステッファーニ:2声のための室内カンタータ集」の楽譜も私が作成しました。これに関しては既にPian & Forte edizioniという出版社からダウンロード販売されています。

Q、調律やピッチについてお聞かせください。

A, ピッチに関しては演目によって変わるでしょう。例えばローマやナポリのものを演奏するときは415Hz以下でしょうし、北イタリアのものは440Hz以上で演奏するつもりです。調律はミーン・トーンから平均律まで色々な可能性がありますが、それはあくまで鍵盤楽器の話なので、合唱に関しては限りなく純正律の耳を作ることが大切だと思っています。例えば、歌うときの我々の耳は、純正の3度や5度を追求していくことは可能ですが「正しい」ピタゴラスの3度と「正しい」ミーン・トーンの5度など本能的に合わせることは困難ですから。

Q、最後にお越し下さるお客様に一言をお願いします。

A, 常に新鮮なプログラムと高い演奏の質を目指して参りますので、これからのエクス・ノーヴォ室内合唱団ぜひ注目して頂き、ご支援頂けたらと思います。